« きょうの装い | トップページ | 「女装なんとか。。。」 »

2008年1月14日 (月)

ショーツ vs ふんどし:ナイトウエアとして

 生来肌が過敏な者としては、寝るときの下着にも気をつかっています。子どもの頃から綿100%の下着しか寝るときは身につけていません。昨年春ころ、近くの衣料量販店し○○ら、コ○○○アに綿100%の控えめながらしゃれたデザインのメンズブリーフがあったので、数着買ってナイトウエア、すなわち睡眠中の下着にしました。4〜5日同じそのブランドを着用したら(毎日汗をかくので交換していたのですが)、なんだかその部分が痒くなりかぶれてしまいました。綿100%のものなのに。わけがわからず、とにかくそのブランドのものを使用中止してみました。そうしたらかぶれも止まったのです。ああ、よかった。

 新品ほど、染色や白いものでも製造工程での処理が不備だと薬品が残り、かぶれを生じさせることがあるらしいです。その後、ネットで調べて分かりました。それ以来、さらに夜の下着には気をつかうようになっています。汗をかくし、あまりきついものはよくないです。

 ノーパンにしたらどうかと試してもみました。ひところノーパンツ健康法というのが流行ったことがありました。その時のことを思い出し、再びノーパンで寝てみました。ノーパン、素裸も解放感があり気分がよいのですが、これには、シーツや、上掛けが、綿100%でないと具合がわるく、それも毎日交換する必要があります。ホテルでもない限りムリでした。また、地震などの非常事態が発生した時には困ります。

 それでは、肌にゆるゆるのトランクスではどうでしょうか? これも大分試してみましたが、かえって汗を吸収してくれず、皮膚が触れ合うところありよくありません。やはり適当に、ホールドしてくれる下穿きが欠かせないようでした。

 では、何が最適でしょうか? ふと、思いついて日本古来の褌を試してみようという気になりました。早速ネットで探し、数種類取り寄せ試着しました。これは快適でした。とくに夏には。綿100%で、ガーゼものがベストでした。しかし、大きな難点がありました。それは、値段が高すぎるのです。普通のブリーフの5〜6倍くらいの費用がかかるのです。毎日替えるものなので、数も必要ですし。それで、残念ながらふんどし作戦もやむなく頓挫しました。しばらく、使い古したブリーフで我慢していました。

 そうこうしている時に、ショーツに出会ったのです。最初は外出や日常活動している際に着用するショーツをいろいろ試していました。先の日記でも、ショーツには当たり外れがあります。着にくいものはタンスの肥やしになり、いずれ捨てるしかないのです。

 ある日ふと、着ないで放っておいたフィット感があまい(ゆるい)ショーツを穿いて寝てみました。非常に具合がよいのです。寝ているときは、立ったり座ったりしないので、ズレることがなく、適当なホールド感があってまさに快適なのです。とくに「足口やわらか」とかいうタイプの綿96%ポリウレタン5%のものがベストです。適当に肌に密着しベタつきません。この発見は大変うれしかったです。まさにふんどしの感触に近く、着脱がふんどしより楽にできることが勝っています。また、ショーツは多くのものが、ウエスト部分がレースなので、これも当たりがソフトでゴム後が付かずに快適です。 

ショーツはナイトウエアとしても最高です! 世の男性諸氏にお伝えしたいです。

« きょうの装い | トップページ | 「女装なんとか。。。」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520164/9881899

この記事へのトラックバック一覧です: ショーツ vs ふんどし:ナイトウエアとして:

« きょうの装い | トップページ | 「女装なんとか。。。」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ